お部屋探しの流れを確認|お部屋探しマニュアル|ダイレクト賃貸

  • HOME
  • 物件を探す
  • ダイレクト賃貸とは?
  • こんな方におすすめ
  • 徹底比較!
  • 体験者の声
  • よくある質問
  • お部屋探しマニュアル
  • お問い合わせ

お部屋探しマニュアル

  • 1.お部屋探しの流れを確認
  • 2.賃貸図面の見方を学ぼう
  • 3.お部屋見学のポイント
  • 4.初期費用はどんなものがあるのだろう
  • 5.初期費用をシミュレーション
  • 6.契約事を理解しよう
  • 1-2.部屋選びの条件

お部屋探しマニュアルは、お部屋探しをする方が気になる事をまとめてご紹介します。
基本的な不動産用語や、間取りの見方、お部屋の見学時に気をつけなくてはいけない事、金銭や契約事に関して、初めてお部屋探しをする方にも分かるように、分かりやすく解説しています。
しっかり理解して、理想のお部屋を見つけられるようにしましょう!

1.お部屋探しの流れを確認

初めての一人暮らし、いつから何を初めて、いつまでにどうしたらよいのでしょうか?
どのようにして部屋を探せばいいのでしょう?
このページでは、スケジュールを立てるところから、入居までの大まかな流れを、順を追ってご説明します。しっかり把握して、ゆとりをもって引っ越せるようにしましょう。

いつから住み始めるか?
入居日が決まっているならその日から逆算して、お部屋探しにどれ位時間が掛けられるかスケジュールを立てましょう。
不動産会社によって異なりますが、気に入ったお部屋を見つけてから契約まで通常1週間~2週間ほど掛かります。1~3月の引っ越しシーズンはピークなので、早めの準備を心がけましょう。
気に入ったお部屋があっても、既に他のお客様が契約してしまうなどといった事もありますので、その場合さらに時間が掛かりますので、スケジュールに余裕をもって探し始めてください。
条件を考えよう
どこに住みたいか?家賃はいくら払えるか?部屋の設備には何を望むか?
通勤や通学までの所要時間や経路、アルバイトやお給料の収入の中から「月々いくらまでなら家賃を支払えるか」、バストイレ別がいいのか、オートロック付きがいいのかなど自分の条件をしっかり考えて、お部屋を探しましょう。
また入居時には仲介手数料、敷金、保証金などの一時金や、引っ越し費用、新生活のための家具・家電の購入費用なども必要になりますので、しっかりと資金計画を立てましょう。

「1-2 部屋選びの条件を考えよう」へ進む

インターネットで調べよう
インターネットや住宅情報誌、不動産ショップの店頭広告など、物件情報はどこにでもあります。できるだけ広く情報を集めましょう。情報収集している間に希望の条件やイメージが固まって、お部屋の探し方もより具体的になるでしょう。
また、電話やメールで問い合わせをしてみると、その不動産会社の対応を知る事が出来、自分に合う不動産会社を見極めるきっかけになるかもしれません。まずは、情報収集を行ってみましょう。
条件を絞り込もう
幅広く収集した情報の中から、エリア、予算、間取り、駅までの距離などを比較してみましょう。
「同じ家賃なら駅から近い方がいいな」、「同じ間取りなら設備が充実している方がいいな」、「希望の駅と隣の駅だったけど、こちらの方が住みやすそうだな」と、新たな発見があるかもしれません。
また実際に図面や条件などを見ていると生活のイメージも湧きやすく、より条件を絞りやすくなります。幅広い情報の中からしっかりと考えて、自分に合うお部屋をイメージしていきましょう。
不動産会社に行ってみよう
賃貸物件情報には専門用語も多く、自分で情報収集していてわからないことや、条件を絞りにくい事もあるでしょう。そんな時はプロの意見を聞いてみるのが一番です。客観的なアドバイスでお部屋探しの良いアドバイザーになってくれます。
土曜日や日曜日は不動産会社一番忙しい日ですから、事前に電話やメールで来店の予約をしてから足を運ぶ事をおすすめします。
お部屋を見に行こう
不動産会社の営業マンと一緒にお部屋を見に行きましょう。賃貸情報の資料だけで決めるのではなく、必ずお部屋を見ましょう。その部屋での生活を具体的にイメージすることが大切です。また、入居前に室内を確認しておけば、入居後に「思っていた事と違った」などという事も回避出来ます。
できれば一度で決めず、時間帯を変えて足を運ぶことをおすすめします。昼は静かだった室内も、夜は上下階の人も帰宅し、「予想以上に騒音がひどかった」などという事もあるかもしれません。
契約内容を確認しよう
希望の部屋が見つかったら「入居申込書」にサインをします。その前に契約内容をしっかり確認をしておきましょう。契約直前、契約後に「聞いてなかった」などとならないように、しっかりと不動産会社に確認をしましょう。
貸主の賃貸借契約の事前の承諾が取れたら、不動産会社の宅地建物取引主任者から重要事項の説明を受け、賃貸借契約を締結します。
入居する
一通りの手続きが完了したら、お部屋の鍵を受け取り、入居となります。
入居直後は、お部屋の片づけなどでバタバタとしてしまいますから、ガス、水道、電気の手続きや市区町村への手続きなどは引っ越し前までに行い、余裕を以て新生活がスタートできるように、スケジュールをたてましょう。

大まかな流れになりますが、時季、お部屋の条件や、不動産屋さんによって異なってきます。ですからゆとりを持ってスケジュールを立てることを心がけましょう。
そして、情報を収集を行う、問い合わせをしてみるなど、実際に行動を起こす事が大切です。

2.賃貸図面の見方を学ぼうへ進む
  • 1.お部屋探しの流れを確認
  • 2.賃貸図面の見方を学ぼう
  • 3.お部屋見学のポイント
  • 4.初期費用はどんなものがあるのだろう
  • 5.初期費用をシミュレーション
  • 6.契約事を理解しよう
  • 1-2.部屋選びの条件

新着物件

  • 西武新宿線 東伏見
    間取:1K
    家:6.5万円
    管:0円
  • JR中央線(快速) 荻窪
    間取:1R
    家:9.3万円
    管:0円
  • JR埼京線 板橋
    間取:1R
    家:9万円
    管:0円
  • JR中央線(快速) 武蔵小金井
    間取:1R
    家:8万円
    管:0円
  • 西武新宿線 花小金井
    間取:1R
    家:7.5万円
    管:0円
ページトップへ